22歳からセミリタイアを目指す男

ちょっと社会辞めてくるわ

23歳で社会からドロップアウトした男の日記

セミリタイアまで何年働くか決めた

f:id:t41j:20190308140931j:plain

以前からセミリタイアは目指していたものの何年働くのかハッキリとした計画は立てていなかった

毎朝、通勤している時にセミリタイア後の生活を考えるのが日課になっている

セミリタイア後の生活費とか月いくら稼げばいいのか...などなど 毎日考えることは一緒だ

そうする事によって仕事が始まる前に自分を鼓舞してる 朝起きて仕事に行くまでの時間が一番辛いからね

最近仕事が忙しく、ストレスも半端ないのでそろそろ本腰入れてこの仕事を何年続けてセミリタイアしようか考えようと思う

 

 

 

 

セミリタイア後の生活費

まず、何年働くか(いくら貯めるか)を見積もるにはセミリタイア後の生活費をハッキリさせる必要がある

このブログでは月々の生活費を記事にしているので大体の費用は掴めると思う

www.t41semiretired.com

今までの生活を参考にセミリタイア後の生活費を算出していこう

 

食費

1月と2月の食費はこんな感じ

  • 1月 18150円
  • 2月 15387円

平均を取るには少なすぎるデータだけど今までで2万円以内には収まっている

セミリタイア後の食生活を考えるとやはりカレー生活がメインになると思う

カレーは手軽・うまい・安いの最強飯なので節約生活には持ってこいの食べ物だ

現在、ほぼ毎日カレー生活を送っている これはセミリタイア後を見越した検証であり、もしカレー生活でも体調に変化がないとすれば一生カレー生活を続けるつもりでいる

ならばセミリタイア後の食費は多く見積もっても20000円に収まると思う 特に贅沢をしなければの話だけど

 

セミリタイア後の食費=20000円

 

光熱費

  • 1月 8350円
  • 2月 11235円

なので毎月10000円の光熱費が掛かると仮定する

しかしセミリタイアしたら今より家にひきこもる時間が増えるのでもう少し高くつくのではないかと思う

勿論節制を意識はするが、ここでは一応高めに見積もって毎月10000円の光熱費が掛かると考えておく

 

セミリタイア後の光熱費=10000円

 

通信費

携帯代 2572円

ネット代 5202円

これは現在の環境で掛かる費用 携帯もネット回線も全て快適に利用できている

携帯代はこのままで、ネット代はセミリタイア後の住居によって変わるのでセミリタイア後のの通信費はざっくり算出する

 

セミリタイア後の通信費=10000円(多めに見積もる)

 

家賃

セミリタイア後の一番の出費は勿論家賃でしょうね

利便性や地域性に家賃は左右されますが、俺はできれば地元の小さい中古の一戸建てを買いたいと思っている

地元だと親も近いし、友達もいる なんたってセミリタイア後は暇だろうから一人で地元から離れたところでセミリタイア暮らしはしたくない

正直家賃はその時になってみないと分からない

もし一戸建てを買うとすれば家賃は0円 賃貸ならば安いところに住まないといけない

セミリタイア後の家賃を除いた生活費は40000円 ならば賃貸家賃の上限は5万円くらいだろう

一戸建てを買ったとしても税金がかかるので実質家賃がいくらか掛かる

まあ今のところそこまで考えなくていいかな とりあえず賃貸と仮定して算出します

 

セミリタイア後の家賃=5万円(上限)

 

セミリタイア後の出費合計

  • 食費  20000円
  • 光熱費 10000円
  • 通信費 10000円
  • 家賃  50000円

     合計 90000円 という結果に

 

これに雑費やらたまの贅沢やらお金が掛かると考えれば月々10万円くらいの出費になりそう

勿論これは多めに見積もった費用だ(多分) セミリタイア後の生活費は毎月10万円と想定すればこれからの人生計画が立てられやすくなる

 

セミリタイアまで何年働くか

無理なく、自由に、楽しく暮らせるセミリタイア生活を暮らすには毎月10万円の出費が必要である

そうすると

  • 1年で120万円 
  • 10年で1200万円 
  • 30年で3600万円

の出費になる

月々10万円の稼ぎがあればプラマイ0  5万円の稼ぎがあれば1年で60万円の出費

勿論税金がかかる場合もあるがここでは考慮しない

セミリタイア後は月5万円くらいの稼ぎが欲しい とすると

  • 1年で60万円 
  • 10年で600万円 
  • 30年で1800万円 

の出費になる

 

 

とすればセミリタイアまでいくらの貯金が必要か...

今のところほぼほぼ1ヶ月で10万円の貯蓄ができている となれば

1年で 10*12=120万円の貯蓄が可能

これにボーナスを加えると

120+60=1年で180万円の貯蓄 という結果になる

これは現在、可能な貯蓄額 これから昇給等を考慮すれば1年で200万円以上の貯蓄も可能かも知れない

が、ここでは1年で180万円の貯蓄をベースに考える ここでは少なめに見積もったほうが良い

とすると

  • 5年で900万円
  • 10年で1800万円
  • 15年で2700万円

の貯蓄が可能 ここから何年働くか決めるとするなら・・・

15年が最長、10年が最短と言ったところか 正直15年も働きたくない

ならばとりあえず10年働くという事にしておこう 10年働けば俺は32~33歳だな

60くらいまで生きられたなら良いでしょ それまでやりたいことやり尽くせばいい

 

10年は長いのか、短いのか

10年かぁ 長いようで短い いや長いか

いまから10年前、2008-2009年は何があったっけ 調べてみよう

2008年と言えば

f:id:t41j:20190308134515j:plain

当時ドハマりしたモンハン この時は小学6年生か

よく友達と遊んだ記憶がある わざわざ外でゲームしてたからね

この時のPSPは外でやると画面が真っ暗で全然見えないんだよ だから上着に顔突っ込んでやってた

その他はwiiとか流行ってたね 俺は持ってなかったけど一時期猛烈に欲しかった記憶がある

 

ドラマでは

f:id:t41j:20190308135017j:plain

ROOKIESとかやってたなぁ 俺が最後に見たドラマかもしれない

これ以降のドラマのタイトルを見ても全然思い出せない 

ROOKIESの映画も中学生の時に見に行ったっけ あの時の友達と仲良かったんだなって思い出すよ

 

まぁ思い出話はここまでにして...10年前は小学生だったんだね

小・中・高はすごく長いように感じた 大学は凄く早かった

何故かって、生活の密度が違うよね 小中高は日々新しい事との出会いがあった

大学はただ家と学校を往復する日々 つまり充実してなかったから日々が過ぎるのも早かった

となると社会人になった今、10年ってそこまで長くないんじゃねって思う

だって1日が終わるのってめちゃくちゃ早いもん 新しい出会いなんて昔と比べると無いよね

もしかしたらあっという間にセミリタイアを達成してしまうかも

もしかしたら「もう少し仕事続けてもいいな」なんて事も思う時が来たりして...

 

とりあえず

俺は10年働いてみようかと思います どうぞよろしくお願いします

 

 面白いと感じたらバナーのクリックお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ