22歳からセミリタイアを目指す男

ちょっと社会辞めてくるわ

23歳で会社を辞めて定職に就くのを諦めた男がセミリタイアを目指すブログ

突如として辞めづらい雰囲気を出すな

とりあえず辞めようと決めていつそれを言おうか機を伺ってたわけだけど

そんな時に限って凄く辞めづらい雰囲気を出して来て困る

なんでこんな時に限ってこうなるかなぁ...

いつも話さない部長と話す機会もあったしこれってなんか勘付かれてるのか?

いっそのこと何かやらかしてコテンパンに怒られたいわ そうしたら辞めやすいのに

おかげで今日一日は無駄に気疲れしたよ 辞めように辞められないパターンに嵌められてるわ

 

 

 

よく「周りが大変だから辞めづらい」「いい人が多いから辞められない」なんて聞くけど、俺は「何言ってんだコイツ」って感じにしか思ってなかった

だって辞めたらそこで職場とは関係が切れるし、人間関係も尾が引くことは無いから気にしなくていいじゃん そう思ってた

だけどいざ自分がそう言った状況に置かれると滅茶苦茶わかるわ コレ

俺の職場は慢性的な人手不足なんですよ それに新しい仕事を任された俺が抜けてしまうと穴が空いてしまうんです

勿論残された人たちは穴埋めするためにあれやこれやと忙しくなるだろう

辞めたとしたらそんなもん気にしなくていいって割り切れれば良いんだけど

なんかそうもいかないんだよなぁ・・・世話になった人は多いし、なんだかんだ良い人が多い

辞めたあとを考えると辞めように辞められない

これ完全にループ入ってるわ

 

そんなもんどうでもいいわ辞める!って言えたらいいんだけどね

でもやっぱり辞めたあとの事(職場の状況・自分の将来)を考えると今辞めるのは悪手なんじゃないかって思う自分もいるんです

世間から見ても早い退職だし、貯金もまだまだ頼りない

本当にやめていいのか・・・?自問自答する日々が続きそうだ

 

今日の飯

f:id:t41j:20190402195754j:plain

変わりなく美味しいです

 

 面白いと感じたらバナーのクリックお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ