22歳からセミリタイアを目指す男

ちょっと社会辞めてくるわ

23歳で会社を辞めて定職に就くのを諦めた男がセミリタイアを目指すブログ

上司に辞めますと言えました

今日やっと上司に「辞めます」と言えました 

単刀直入に「やりたいことが見つかったので辞めます」と言ってきました

今の心境を語ると

思った程の解放感や自由を感じることはなく、ただただ申し訳ない気持ちで一杯です

 

 

 

上司に伝える前に一番信頼できる先輩に伝えました

その先輩社員は入社当初から一発で信頼のおける人だと感じた人です

仕事もでき、周りからも信頼される完璧な人 俺はこの人を手本にして今まで仕事をこなしてきました

仕事のできる人はこんな人なんだなってその人の振る舞いを見て学びました

小さな気づいかいが出来て・気付けるそんな人でした

 

そんな人に改まって「お話したいことがあります」って言ったもんだから勘付いたんだろうね

辞めると告げて理由を話すとかなりショックを受けていた

ただ、仕事が理由じゃないことに少し安堵していた 

本当は仕事には少なからず不満があってそれを理由にすることもできたんだけど

辞めたい理由の1%くらいの割合なんです ほとんどはただ俺の自分勝手な理由

それを話すと納得してくれたようで安心した

 

次に上司に伝えなければいけない

先輩は一緒に言いに行こうか?と言ってくれたが先輩に話した時点で吹っ切れた、と言うか後押しされたようで怖気付かずに言いに行くことができました

上司に伝えると同じように驚いていて、「ドッキリだろ!?」なんて言ってましたが残念、ドッキリじゃなくマジなんです

先輩に行ったように同じ理由を話すと「それならしょうがない、か・・・」って納得してくれました

が、まだドッキリだと思っているようで月曜日に改めて聞くとのこと

それにはワケがあって明日に親と飯を食いに行きます 勿論親には何も言ってません

親に言って俺の気持ちが変わらないか、親に説得されるか、それを期待しているようです

無論、俺の気持ちは変わりません 親もそれを知っているはずなので辞める事は変わりません

 

そうして今日が終わりました

やっと伝えることができてひとまず安心です もう仕事中に悩むこともなくなるでしょう 

辞める日までまだ少しあります

ショックを受けていた先輩・上司はどんな気持ちだったんでしょうか

それを考えると解放感に浸る余裕はないです

少なからず人間関係は良好な職場でした このまま辞めないで続けていれば数年・十数年一緒に働く仲間としてやっていってたのかもしれない

これからという時に、やっと慣れてきてお互いの事がわかってきた時期に辞めるって言われたもんだからそりゃあショックですよね

でも、この選択が自分にとって最善であることは間違いないです

正直に言って良かった...  実は、今朝自分で書いた記事は気合注入のための記事なんですよ 

www.t41semiretired.com

 

自分がなりたい自分に近づけたような気がした日でした

 

今日の飯

f:id:t41j:20190405221732j:plain

全てdポイントで買いました コンビニでお菓子とかもね

まぁどうせ無くなる予定のポイントですから こう言うときに使っておかないと

 面白いと感じたらバナーのクリックお願いします

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ