22歳からセミリタイアを目指す男

ちょっと社会辞めてくるわ

23歳で社会からドロップアウトした男の日記

働いているとき夢見た今の生活

f:id:t41j:20190702025526p:plain

働いている時に夢見た生活を今している

いや、厳密に言えばそうではないんだけど同じ時間に寝て同じ時間に起きて仕事に行くという生活サイクルから抜け出せてストレスを受けない今の状況はまさに仕事中夢見たものと同じだ

そもそもセミリタイアを目指し始めたのは去年の12月からで当初の予定は貯蓄が十分にあるであろう10年後を目処にセミリタイアする予定だった

しかしそんなもの机上の空論で、セミリタイアを意識した途端に辞めたい衝動が抑えられなくなり退職を決意 そして無職の今に至る

 

.

?

好きな時間に寝て好きな時間に起きる

とりあえず今はそんな生活をしている

6月を振り返ってみると特に実りのない日を過ごしたなと思う

一応新生活に向けての準備などはしていたが、自分にとってプラスになるような行動はしていなかった

仕事を辞めた反動で堕落しきった生活をしていた

 

話は逸れますが俺は某大手企業に就職していた

仕事も人間関係も割と良好だった 待遇もそこそこ良かった

実際、就職して1年とちょっと働いただけにも関わらず仕事やめるまで有給を1ヶ月分丸ごと貰える様なところだった

それは好意ではなくて「決まりだから取れ」的なお堅い理由でだ 本当はまだ有給は残ってたけど俺の都合で使いきらずに退職してしまった

これは会社にとってはあまり好ましくない退職の仕方だったので申し訳なく思っている

流石大手会社と言える待遇を受けながらも辞めたいと思ったのは細かいストレスが多かったから

ストレスを受けるたびに辞めたいと心の中で思っていた そんな状態は長続きしなかったのは自分がよく分かっている

このストレスと言うのは小さな人間関係だったり社風だったり色々だ

でもそんなもの貰っている給料に比べたら十分に我慢できる程度の物だったんだろうなとは思う でも金は生きていくのに必要なだけで十分なので辞めたいと言う気持ちを食い止めるには弱かった

辞めたいと思い始めてからもう少し頑張ろうという気持ちにはなれなくて本当にとにかく早く辞めたかったな

 

そんなストレスから解放された今の生活は思っていた以上に気持ちが良い物ではなかった

それは将来の不安が常についてまわるからだ 主に金の問題

今の貯蓄は100万円強 当初の予定とは大幅にダウンしている

100万円という貯蓄額では定職に就いていなくても気ままに生きられる程甘くない 

勿論それは辞める前にも分かっていたしセミリタイア生活のようにたまに働くだけでいいような生活は無理だと言うことは分かっている

それとストレスが無さ過ぎる生活というのもメリハリが無くて面白くないんだってこの生活をしていて感じた

つまり何が言いたいのかと言うと、働いている時に夢見たこの生活は最初こそ面白かったものの長く続けると飽きが来るんだ

贅沢な悩みなんだと思う 働いている方からすれば仕事に行かなくていい生活なんて夢のようでしょ 俺もそうだった

 

何事にもメリハリが必要 自分から行動すべきなのは分かっている

しかし朝は長く寝たいし夜ふかしも長くしたい それを続ければ堕落していくんだろうけどやめられない

これを書いて明日から身体を動かそうと思ったけどどうやら俺は睡眠欲には勝てないみたいだ 堕落の根本にあるのが睡眠なんだな 睡眠時間さえ少なければその分動ける時間も増えるのに

俺が辞めたいなと一番思ったのは朝早く起きた瞬間だった 

今気づいた なるほど、俺は長く寝たいから仕事辞めたんだな・・・

 

バナーをクリックして頂けると励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

.

.

.

?